2005年02月12日

水の都。

所属国について。

ヴェネツィアが所属国として実装されたら移住しようとは思ってるんですが、
とりあえず、スタートの国はどこにしよう。

私はゲームをやる速度が、人より大分遅いから、
ヴェネツィアが実装された頃に、まだそこまで行けないよ〜
なんて事が十分にありえるから、なるべく近いイスパニアからスタートしようかな。

なんて、日々夢想。

歴史に詳しくないから分からないけど、
大航海時代のヴェネツィアってどんな所だったのだろう。

現在みたいに、綺麗な水の都だったのかな。
やっぱり、水面は現在より低いのかな。

なんて、やっぱり夢想してたり。
posted by リリー at 21:17| Comment(5) | TrackBack(0) | Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ブログ開設おめでとうございます。
ヴェネチアは大航海時代のころはイスラム圏から流れ込む金でめちゃめちゃ儲かっていたので、もしかしたら今よりも当時のほうが華やかだったのかもしれませんねー
元々は漁民が泥地の中に作った小さな村だったらしいっす


そうそう、イスパニアってイベントのシナリオの進行上、ヴェネチアたどり着けるようになるのずっと後ですよー
Posted by コルセア at 2005年02月12日 22:11
14世紀だとしたら
13世紀初め第4次十字軍遠征でコンスタンチノーブルを確保し
黒海の貿易とベネツィア以東からの香辛料を
ヨーロッパ諸国に売りさばき全盛期ですね。

15世紀後半だとしたら
スペイン、ポルトガル勢によるインドへの直接貿易ルートの開拓
アメリカ大陸からの資源の獲得で、
貿易の中心は大西洋に移ってしまうみたいですね。
逆に東ヨーロッパはオスマントルコの台頭で
領土を脅かされ、
大西洋を貿易するには遠すぎると言った感じで
まさに斜陽って感じっぽいですね。

ま、ヴェネツィアガンガレ。
最後にはフランスのナポレオンに征服され崩壊しますがね。

個人的にはスペインより先にアメリカに到達した
バイキングをやって見たいが・・・
実装されないだろうな・・・
Posted by RED-HOOD at 2005年02月12日 23:25
> コルセアさん
ありがとうございます。

ヴェネツィアって、子供の頃からずっと憧れなんですよ。
水の上にある街だなんて、不思議だなって。
行った事はないのですが、一度は行ってみたいですよね。

> イスパニアってイベントのシナリオの進行上、ヴェネチアたどり着けるようになるのずっと後
そうなんですか!
ううん、じゃあ何処が良いでしょう。ポルトガルかな。


> REDさん
公式サイトによると、

水の都ヴェネツィア―。この小さな都市国家は、地中海交易の富を独占し、
長きに渡り栄華を極めていた。
しかし、東方では軍事大国オスマントルコが台頭し、西方列強はインド航路を発見。
斜陽の時代は、静かだが、確実に迫りつつあった。

との事なので、15世紀前半とか、その辺かもしれませんね。
斜陽の国ヴェネツィア。なんかロマンティックかも。

バイキングはいないけど、
海賊になってバイキングを名乗るのも良いかもしれませんね。
やはりその場合はイングランドでしょうか。
Posted by リリー at 2005年02月12日 23:47
こんにちは。
リンク完了しましたので報告します
これからもよろしくお願いします

ヴェネチアって少しずつ沈んでるんですよね。
もしかしたら今後完全に水没してしまうかもらしいです。ピサの斜塔は無理矢理角度戻したらしいけど、ヴェネチアはどーするんでしょう・・
いつか本当にいけるといいですよね〜

>じゃあ何処が良いでしょう。ポルトガルかな。
ミネルヴァさんとその一族はポルトガルに集中しつつあるみたいですよ
Posted by コルセア at 2005年02月13日 20:55
リンク報告。わざわざありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願いします。

ヴェネツィアは少しずつ。本当に少しずつですが、
沈んでいる都ですよね。
いつかは地図から消えてしまう街。
街の人々も、その時を承知しているそうです。
そんなところも愛しいですね。

皆、ポルトガルなのかな?じゃあ私もそうしようかな。
迷うな。
Posted by リリー at 2005年02月13日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。